-mother to daughter-母から受け継いだMYヘリテージジュエリー [vol.1 萬波ユカ]

母親から愛する娘へ。世代を超えて受け継がれるジュエリーは、ほかにはない特別な輝きをまとっているもの。そんなプライスレスな逸品の魅力を、3人のおしゃれリーダーにインタビュー。第1回目のゲストは世界で活躍するモデル、萬波ユカ。アイテムに秘められたエピソードから、普段は聞けない母娘の裏話まで、たっぷりと語ってもらいました。

昨年のデビュー以降、日本を代表するモデルとして、パリやNY、ロンドンなど海外を行き来しながら、多忙な日々を送る萬波ユカ。大のヴィンテージフリークとしても知られ、年代物のロングドレスをまとった独特のファッションは、コレクション会場でも注目の的だ。そんな彼女にとってアンティークのジュエリーは、自分のスタイルを築く上で欠かせない要素の1つ。古着屋や蚤の市を巡っては、常に掘り出しものがないか目を光らせているというが、もちろん母親のジュエリーボックスの中からも拝借した、お気に入りの逸品もいくつかあるらしい。

「母と私は顔立ちや体型も似ているのですが、お互いヴィテンージ好きだったりと趣味も似ていて。地元にいたときは、一緒に大阪の古着屋を巡ったり、洋服をシェアする機会も多かったですね。彼女は銀行員として働くバリバリのキャリアウーマンですが、お洒落もめいっぱい楽しんでいるアクティブな人。若いときから暇を見つけては海外旅行に出かけ、洋服やアクセサリーを購入していたらしく、実家には母が長年集めてきた宝飾品がたくさんあって。ちょうど私が大学生になり古着に興味を持ち始めたとき、その中の何点かを譲ってもらえる話になったんです」


続きをチェック!

0コメント

  • 1000 / 1000