-mother to daughter-母から受け継いだMYヘリテージジュエリー[vol.3 山本ソニア]

母親から愛する娘へ。世代を超えて受け継がれるジュエリーは、ほかにはない特別な輝きをまとっているもの。そんなプライスレスな逸品の魅力を、3人のおしゃれリーダーにインタビュー。ラストとなる今回は、コケティッシュなムードで人気を集めるitモデル、山本ソニアをゲストに迎え、アイテムに秘められたエピソードから、普段は聞けない母娘の裏話まで、たっぷりと語ってもらいました。

ぽってりとした唇にグラマラスなヘア、アーモンド型の瞳……。小悪魔的な魅力で人気を集めるソニアは、高校生までパリで育ったという生粋のフレンチロリータ。現在は家族と離れ、都内の大学に通いながらモデルとして活躍中だが、そんな彼女のコケティッシュなスタイルに、ひねりをプラスするのに一役買っているのが、母親から譲り受けたヴィンテージのアクセサリーだ。ジュエリーのバイヤーとして世界各国を飛び回っていた母親が、年月をかけてセレクトしてきたアクセサリーは、ソニアのグラマラスな魅力を引き立たせる個性的な逸品揃い。今回はその中のお気に入りを、本人の解説つきで紹介!

「ママは昔、輸入商社でバイヤーとして働いていて、海外で買い付けてきたジュエリーを、日本のデパートやブティックに卸す仕事に携わっていたみたい。当時は今のように連絡手段も発達してなくて、海外とのやりとりも大変だったみたいだけど、ロスやパリ、ミラノなどに直接出向きながら、手探りでノウハウを学んできたと話していましたね。トレンドを押さえるのが上手だったらしく、ママが買い付けたものはすぐに売れちゃうって評判だったらしいですよ(笑)。実家にもママが愛用していた洋服やジュエリーのコレクションがたくさんあるけど、いま取り入れてても全然おかしくないデザインばかりで、それは単純にすごいなって思う。きっとセンスがいいんでしょうね」


他の写真も見る!

0コメント

  • 1000 / 1000