処女&処女膜についての意外な事実8つ! 初体験で出血しないのはノーマル!?

女性の下半身事情に興味をもつことは、女性なら自然なこと。雑誌やインターネットでチェックしたり、友達の話から情報を得たりしている人も多いはず。実際は事実が歪曲されていたり、デマな噂が先行していることも……。今回は、処女にターゲットを絞り、処女膜と処女についての知られざる8つの事実をお届けしよう。

■処女は証明できない

医学的定義がないということは、その女性が処女か否かを証明する術はないということ。もし知りたいのであれば、その人に聞くのがいちばん! とは言え「あなたの処女膜はまだありますか」なんて聞く方も、応えるのも困る。


■処女膜を確認するのは難しい

もし自分の処女膜を確認しようと思っても、正確に見つけるのはなかなか難しいかもしれない。

「確かに処女膜に関しての知識が曖昧だと難しいでしょう。なぜなら、処女膜は薄ピンク色の小さな膜であり、小陰唇のひらひらやヘアなどに包まれているため、違いを見分けるのは困難だからです」


■初セックスを迎える時までに処女膜が喪失していることもある

「処女膜をティッシュペーパーだと想像してみてください。簡単に破れたりこすれたりするでしょう?」とアイスラー氏。乗馬やサイクリング、体操、タンポンの使用、指の挿入、マスターベーションなどこれらの行動で、簡単に処女膜は喪失する可能性があるのだ。


もっと詳しく読む!

0コメント

  • 1000 / 1000