みんなを守るコンドームについて、よく知っておこう! ありがちな8つの誤解を専門家が解説。

コンドームは、望まない妊娠や性感染症から私たちを守ってくれる、女の子にとって欠かせない必需品。そんななか、『Centers for Disease Control』が行った最新のコンドームに関するアンケート調査によると、過去3ヶ月において34%もの高校生がインターコースセックスをしていて、そのうち41%がコンドームを使わなかったという結果に。

また新たにSTD(性感染症)にかかった人の約半数が15歳から24歳までの青少年というショッキングな事実も。なんと、性にアクティブな青年女子のうち、4人に1人がなんらかのSTDを患っているというのがアメリカの現状なのだ。日本の女子だって人ごとではない。STDや妊娠から身を守るためには、定期的なSTD検査を受け、パートナーが他の人とセックスをしているかどうかを確認し、セーフセックスを実践する必要が当然ある。「コンドームが好きじゃない」「コンドームを買いづらい」なんて躊躇している場合じゃなく、コンドームは全ての男女のベストフレンドになるべきなのだ。そこで今回は、コンドームについてもっとよく知るために、ありがちな8つの誤解について解説していこう。

0コメント

  • 1000 / 1000