ガールカルチャーのグル、タヴィ・ゲヴィンソンに大接近。19歳、敏腕編集長の今

19歳にして、有名ファッションブロガー、ブロードウェイの主演女優、そしてデジタル・マガジン「Rookie」マガジンの編集長と、いくつもの顔を持つタヴィ・ゲヴィンソン。この4年間、彼女は世界中の若いエディターのチームを指揮し、ティーン世代に絶大な支持を集める「Rookie」ブランドを築いてきた。「Rookie」ではデイリーに更新されるデジタル・コンテンツのほか、アリアナ・グランデやチャーリー・XCXはじめ、豪華ゲストも寄稿するプリント版「Rookie Yearbook」を毎年秋にリリース。先日、アメリカで発売されたばかりの「Rookie Yearbook Four」は華やかなビジュアルはもちろん、ポエムやインタビュー、コンセプチュアルなアートワークまで、まさにティーンによるティーンのためのバイブルだ。若くして10代のカリスマとなったタヴィに、ブログを始めてから今までの7年間の道のり、彼女の仕事の流儀について聞いてみた。

Q:「Rookie magazine」を始めたきっかけは?

A:「Rookie」を始めたのは私が15歳のとき。その前は個人で「Style Rookie」というファッションブログを書いていたけど、高校生になってからはティーンエイジャーとしての自分の経験を考察したり、他の人とそういったことを話し合うコミュニティを持つことのほうに興味が向いたの。すでにネット上で他のライターの子たちや才能あふれる若い世代の人たちとは知り合いだったから、あとはホームベース的なところが必要だなと思っていて。それまではティーンエイジャーによるウェブサイトやマガジンを見たことがなかったから、自分のブログでそのことについて書いたの。そして、高慢にもこう思ったのよ。「じゃあ、自分でやっちゃおうかな?」って。出版業界で働いている知り合いからのサポートもあり、デザインチームや資金も得ることができた。ブログで呼びかけたら、いろんな人が集まってくれたわ。やっていて一番楽しいのは同世代のクリエーターやオーディエンスと自分が繋がっていると感じるとき。


続きも読む!

0コメント

  • 1000 / 1000