美と健康のバロメーター、「便」に関する今更聞けない6つのコト!

人間の腸は、第二の脳と呼ばれる大切な臓器。どんなものを食べているのかは、体はもちろん心にまで影響し、鬱やストレスまで引き起こしてしまうことも! また、体内の免疫システムのうち70%が腸内に存在しているため、腸の健康に注意を払うのはとっても大切。そこで今回は腸内健康を計る重要なバロメーターである“お通じ”について、登録栄養士であり糖尿病療養指導士としても活躍するデボラ・マーコフ=コーエン氏がレクチャー。

■便秘の原因は〇〇不足!

「便秘に悩まされている人が最初にチェックすべきなのは“水分を十分に摂っているか”ということ。ソーダ、ジュース、チョコレートミルクなどは水分としてカウントしてはダメ。普通の水を飲むことが大切よ。あなたの体重を2で割った数が一日に必要な飲水量。例えば、体重が50キロだとしたら2.5リットルの水を飲むのを目標にして。オススメの方法は、水筒を用意して一日に何度も補充すること。私は1リットル入る水筒をデスクに朝置いておき、夕方オフィスを出るまでに3回ほど水を補充しています。もし市販のボトルドウォーターが好きならば、何本飲めば一日に必要な量に足りるのかチェックして。加工食品ばかり食べていると、便秘がちになってしまうから注意を。食品ラベルに記載されている原材料品名を見て、あなたがその材料が何かわからないのなら、あなたの腸だって何を消化しているかわからなくて当然です。一日の繊維の摂取量は25~35グラムが理想。また、鉄分のサプリメントが便秘の原因になることもあるので覚えておきましょう!」


もっと詳しく読む!

0コメント

  • 1000 / 1000