ビアンカ・ジャガーが教えてくれた、最高のフェスファッション。

【from VOGUE.com】

近年、ここコーチェラではフェスファッションが大衆化され、面白みに欠けてきたと思うのは私だけだろうか? そんな折に仲の良い男友達が、皮肉めいてこうボヤいた一言が決定的なとどめとなった。

「カットオフのデニムとハンターのウェリーブーツ以前、女性はどんなファッションで野外フェスに行っていたんだろう?」

私は自分が身にまとっている、デニムショーツと泥水に浸かった長靴を恥ずかし思いで見つめ直す。彼の言うことは確かに核心を突いている。フェススタイルは、いつしか型にはまった退屈なものになってしまったのだ。そして日曜の夜、メインステージで人気ラッパーに歓喜の声を上げるファン達よりも私は声高に、新しいスタイルの到来を叫びたくなったのだ。


60年代のヒッピー文化を象徴する社会現象「Summer of Love」以降も音楽的には私たちは進化してきたのに、ファッション的には面白味を失い続けている気がする。では、私達は今、何をフェスに着ていくべきなのだろう。


記事をもっと読む!

0コメント

  • 1000 / 1000