今こそ注目すべきスーパーフードはコレ! 体の内側からキレイになれるハーブ&スパイス7選。

ベジタリアンな食生活を提案するドキュメンタリー映画『フォークス・オーバー・ナイブズ〜いのちを救う食卓革命』のキャッチフレーズ、“健康な食事は手術に勝る”という考えが多くの人に支持されるようになり、健康的な食生活への関心が世界中で高まっている。

そんななか、ハーブとスパイスがその優れた健康効果で改めて注目を集めている。「ハーブとスパイスがもつポテンシャルは無限大! ベジタリアンメニューはじめ、健康的な料理にこそ欠かせない存在よ」と栄養士のミカエラ・ルーべンは説明する。ハリウッドのクライアントのためにレシピを考案する時、いつもシナモンやタンポポの食用葉が頭の隅にあるのだそう。「ブレンドしたスパイスやハーブをちょっと足すだけで、料理に豊富な栄養素と風味を加えることができるのに、なぜみんなニンジンをそのまま食卓に出すのかしら? とても簡単なことなのに!」とミカエラ。

最近、NYのマンハッタンでは、スパイスが美容グッズと同じ棚に並べられているのをよく目にする。クロレラのサプリとツルドクダミの漢方薬がフェイスマスクや美容液と同じ棚に陳列されているなどがそのいい例。スパイスやハーブは、オートミールやサラダに風味やパンチをプラスしてくれるのはもちろん、日々の食事に取り入れることで、身体の内側からもたくさんのメリットが得られる。今回は、ミカエラがおすすめする7つのハーブ&スパイスをリストアップ。消炎作用や免疫力アップ、血液の循環を高めるなど、驚くべき効果効能をもつものがずらり。ヘルシーな食べ物ほど不味いイメージ…なんて思っている人も、これを読めば考えが変わるかも!


続きをもっと読む!

0コメント

  • 1000 / 1000